Event is FINISHED

鼎談「老いとファッション」

Description
何歳になっても着たい服とは?服づくりに関わる可能性について新居夫妻に聞く。

■ゲスト
新居 幸治氏
新居 洋子氏
(EATBLE/デザイナー Eatable of Many Orders)

■コーディネーター
山崎 亮(studio-L代表/社会福祉士)


■ゲストの紹介
EATABLE / Eatable of Many Orders(エタブル/エタブルオブメニーオーダーズ)
多摩美術大学で建築を学んだ後、アントワープ王立美術アカデミーを卒業した新居幸治と、アントワープ・パリでベルンハルト・ウィルヘルムに師事した後、バルセロナでの革工芸経験を経た新居洋子が2007年にスタート。ブランド名にある「Eatable=食べられる」は、テーマのリサーチ、素材の理解、天然素材の使用、染織や革の鞣しなどの製法への執着を表すのと同時に、「すべては食べることにつながっている」という思考が根底にある。人が服を着る感覚を敏感にできる環境づくりを目指す。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#413749 2019-02-27 08:52:50
More updates
Sat Mar 23, 2019
10:30 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
アーツ千代田3331 コミュニティスペース
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
東京都千代田区外神田6-11-14 Japan
Organizer
おいおい老い展 生き方・介護・福祉のデザインを考える5日間
881 Followers